ToraBlog

読書・筋トレ・趣味

ラインモバイルが届いたので契約から開通までまとめてみた

こんにちは!
シマユーです。

先日ワイモバイルからMNP契約をしたラインモバイルのSIMカードが到着し、無事回線が開通したので経緯をまとめてみます。
先日の祝日の木曜日(11/3)に契約し、昨日の土曜(11/5)に開通完了したので電話が使えなくて困る何てことにもなりませんでした。
ラインモバイルは店舗がないから対応に不安があるなんて方もこれで安心ですね。

MNP契約には各キャリア発行のMNP転出番号が必要

そもそもMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)とは一言でいうと、携帯電話の番号を変更することなくよそのキャリアに転出できる制度のようなものです。
ですから今契約しているキャリアにMNPによる転出を決めた旨を事前に伝えておく必要があるわけですね。
ぼくの場合は「ワイモバイル」での契約だったのでワイモバイルの店舗なりサポートセンターなりで転出に必要な番号を発行する必要があったわけです。
で、今回は店舗に行くのが面倒だったのでサポートセンターに通話で連絡を入れました。
すぐにサポセンにつながったのでMNP番号を発行することを伝えました。
そして発行完了..
のはずだったのですが、サポセンのお姉さんからかなりしつこく説得されました笑
解約にかかる料金が無駄...ワイモバも格安SIMを始めるからそちらで契約したらどうか...などなど
いや、サポセンの対応として間違ってないかもしれませんが、こちとらみっちり契約の状況やら他者のSIMを調べつくした上での決断だったので正直かったるかったです笑
残念ですが...って何回いうねん!と
ちょっと気の弱い人とかだったら押し負けて解約を諦めてるレベルだったぞ笑
前にauからワイモバイルにMNPをした時は面倒なことは一切言われなかったのでそこだけ引っかかりました。
解約にもとやかく言わないauは王者の貫禄があったのか...せめて気持ち良く送り出して欲しかった
ともかくやりとりが終わるとsmsのメッセージでMNP転出用の番号が届きます。
有効期限があり、15日以内に転出をしないといけません。
15日もありますがラインモバイルの契約時には10日以上期間が残っているMNP転出番号が必要になるのでもたもたしてられません。
まあオンラインで契約できる以上もったいぶる意味もないでしょう。
ちなみに15日経過すると番号の期限が切れて現時点のキャリアの契約が継続になるそうです。
いきなり手持ちのスマホが使えなくなったりはしないそうなのでそこは安心です。

ラインモバイルで契約しよう

MNP転出番号を手に入れたらようやくラインモバイルでの契約に移ります。
とくに難しいことはないですが、発行した番号と自分の電話番号、クレジットカードの番号なんかはすぐに確認できるようにしておきましょう。
すべて契約時に入力が必要になります。

今回ぼくが選んだプランは「コミュニケーションフリープラン」の3GB、電話番号付きのプランです。
ワイモバイル時代も月3GBで間に合っていたので一番安い通信容量を選びました。

プラン 通信容量/料金 オプション/料金
コミュニケーションフリープラン 3GB/¥1,100 データ+SMS+音声/¥580

これで月額¥1,680です。
安いぜ!
留守番電話¥300、割り込み電話が¥200でつけられます。
いらないけど笑

ちなみに世間で安い安いと盛り上がっているプランは「LINEフリープラン」です。
こちらはラインのみ通信料がカウントされず、通信容量が1GB、通話オプションはつけられません。
...使うか? タブレットとかにぶち込んだら幸せになれる?かもね
かなりシチュエーションを選んだ使い方しかできなそうですが、安いのは間違いないデスネ。

翌日にSIMカード発想の連絡あり

対応が早い早いとはさっきから言っているのでとくにここで話すこともあまりないですが、登録した翌日の昼頃に契約完了の連絡がきて、そこから大体4時間程度で発想の連絡が届きました。
ヤマトの宅配便コンパクトで送られてきます。
翌日に届く設定なので日時時間の指定はすぐに変更してしまいましょう。
ぼくは翌日が土曜日だったので午前中に指定しました。

SIMカードが届いたら

SIMカードが届きました。
新しいスマホに届いたらすぐに挿入し、APN設定(ネットワークの設定。SIMを刺したら必ず設定しよう。ここでは割愛w)ラインにSIMが届いた旨を連絡して終わりです。
終わりというか連絡したら1~2時間程度で通信ができるようになるはず。
はず...なのですがぼくは3時間くらい待っても圏外のままでした。
再起動したら通信できるようになりましたけどねw
まよったら再起動!これ重要!

1日使ってみての使用感

さて休日はwimaxでの運用がメインなので通信速度なんかもまだ未知数なところではあるのですが、現状とくに問題なく使えてます。
ほかのキャリアと比べて優れているところはなんと言っても「LINE」との連携機能でしょう。
公式アカウントでラインモバイルを登録し、契約者情報を紐付けすると今月の残り通信料がラインのメッセージで確認できます。
これ、結構面白いです。
過去の情報を記録として残すこともできるし、何よりキャリアのサイトまで見に行く手間がかかりません。
キャリアのサイトのパスワードとかどうでも良すぎて忘れそうになるんだよな...笑
ほかにもラインを始めとするFacebook、twitter、インスタグラムといったサービスの通信がカウントされないというサービスもあります。
まあ、SNSの通信のせいで月の容量逼迫することってあんまりないかとは思いますが。
え、もしかしてぼくだけです?笑
月末に容量切れてラインが遅くなってキレて500MBだけ容量買ったりなんてことをしなくて済むと思えば結構有りかも。

おわりに

ラインを始めとする格安SIMの安さときたら大手キャリアに金を落とし続けるのが本当に馬鹿らしくなります。
仕事で通話に使う、身内がラインに理解がなくて導入してくれない。
そんな場合を除けばたかが通信にそんなに大金を払い続ける必要はないのではないでしょうか。
ラインが登場してからメールアドレスの交換なんかもしたことがないし、そもそもメールアドレスってgmailとかで一つ持っておけば基本的に用がたりますよね。
そりゃキャリアで契約すれば保証が手厚い、サービスが豊富というメリットはあるのかもしれませんが幾ら何でも高すぎるでしょう。
ぼくが高校時代に携帯を持ち始めた頃はどこのキャリアを使ってるかは血液型占いくらいには話のタネになったものですが、最近のキャリアの凋落っぷりは見てられないものがあります。
ここまでくると逆に大手のキャリアが追い込まれて素晴らしいサービスを何か作ってくれるんじゃないかと期待してしまうくらいです。
キャリアと格安SIMの値段のバランスは明らかにぶっ壊れている感があるので今後通信料がどうなっていくかわからないところはありますが、しばらくはラインモバイルに居座ろうと思っています。 ちなみに一年以内の解約ではキャリアと同じように違約金を取られるのでそこだけは注意が必要です。
あなたも迷っていれば是非格安SIMを検討してみてください。
以上!

スポンサーリンク